超人気アイドル情報の家


超活躍中の芸能人のいろんな情報
by ronoba
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
芸能人の好きなタイプ
from 芸能人の好きなタイプ
蛯原友里(エビちゃん) ..
from 蛯原友里(エビちゃん)画像・..
女優、田中麗奈
from ♂オトコノコ
お知らせブログ
from おしらせブログ
借金を返済する裏技がある..
from ブラックOK審査の甘い消費者..
エビちゃんこと蛯原友里の横乳
from 時流コラム・ニュース2007
榮倉奈々
from 公式サイトを探せ!
榮倉&ローサが若さ全開ダ..
from ゆたかの芸能実況ニュース
突撃!隣のブログ・TV出..
from 突撃!隣のブログ・TV出演可..
boats for sa..
from boats for sale..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


映画「NANA2」が苦戦!宮崎あおいVS市川由衣

話題の映画「NANA2」が苦戦を強いられている。

昨年9月に公開された前作は、中島美嘉と宮崎あおいのダブル主演で、興収40億円を記録した「NANA」。

大好評に終わり、続編への期待が高まったが、主演の宮崎が続編を降板キャストの変更も相次ぐなどトラブルが続いた。

そして、いざ公開されてみればスタートダッシュに失敗。

今日発売のゲンダイによると、公開初日の観客動員数は前作の30%、最終的な興収は10億円台前半にとどまるという。


(以下引用)
「不調の原因はやはり主演キャストの一新。前作のファンは同じメンバーでの続編を見たいはず。
こうしたゴタゴタが続いて制作期間が大幅に短縮されたのも影響している。
さすがに中島ひとりでこの人気シリーズを引っ張るのは難しいし、特に演技派の宮崎から役を引き継いだ市川由衣(20)は前作との落差が大きく、見ていてつらい。期待された濡れ場もなく、だまされた気分ですね」
(映画ライター)
(引用 ゲンダイ)

主演の宮崎は濡れ場を拒否して、降板したと言われているが結局そのシーンはなかった。
キャスティング変更や、撮影がズレ込むなど、完全に前作の勢いが失速した状態で、公開を迎えた「NANA2」。

週間映画興収ランキングでは、初登場第4位という結果に。

ただ、今回のコケぶりはキャスト変更のせいではないように思う。

前作、映画館に行って「がっかりした」「げんさくのイメージとあまりにもかけはなれていた」「自作はDVDで充分」という意見も相次いでいた。

今回の宮崎の降板はスケジュールの都合といわれているが、役者としてのプライドが高いと言われている彼女は、作品の完成度の低さから続編に出演したくなかったのでは…?という憶測をしてしまう。

ハズレくじを押し付けられる格好になった市川が少々気の毒な気がします。
[PR]

by ronoba | 2006-12-14 11:09 | 芸能

竹内結子、中村獅童…同居生活はほとんどなかった

竹内結子&中村獅童獅童の浮気が発覚したことにより離婚が決定的で、条件面を代理人同士での話し合いになっている歌舞伎俳優・中村獅童(34)と女優・竹内結子(26)の正式離婚までの時間がかかっているようだ。

「獅童さんは、子供の親権を欲しがってるということはありません。最初からあきらめていたみたいです。
ただ、彼の仕事の都合もあって、会いたいときに会えるという条件を提示した。しかし、竹内さん側からは月に1度といわれてしまった。
それも日にちを決めて。その条件は飲めないということで離婚の話が止まっているようです」
(獅童の母)

また、ふたりの結婚生活は、初めからなかったという意見も出ている。


結婚して生活をしたのはほんのわずか。ほとんど生活をしたことがない夫婦なんですよ。妊娠、結婚と順番が変わってしまったが、出産準備に入った竹内は、彼女のマンションで過ごし、長男を出産した。
獅童の母は、一度も抱いたことがないそうです。そんな中で獅童の飲酒による交通違反が起こった。彼女にとってはチャンスだったんだそうです」
(歌舞伎関係者※ニュース!裏の裏から引用)


なかなか決着が付かない離婚騒動。

完全に、竹内結子サイドと中村獅童サイドでVS構図が描かれていますが、今のところ竹内が有利ですよね。

原因が原因だけに同情票というのも多いですし。

ただ、獅童の母が孫を抱いたことがない、とうのは本当なんでしょうか?

これってけっこうありえないことですよね。本当だとしたら竹内結子って……という感じがしますが。

一時の感情に流されるとこういう結果になるよ、という生き見本になりつつある竹内結子と獅童の結婚。

今年中の決着は難しくなってきましたね。
[PR]

by ronoba | 2006-12-13 10:55 | 芸能

長澤まさみ、沢尻エリカ 戦争勃発?

若手ナンバーワンの女優にまで登りつめた長澤まさみ(19)。

清純派女優として人気の彼女だが、ここ最近『傲慢説』が浮上している。




大手芸能プロダクション幹部の話。
「実はあいさつができないことで有名なんです。いくら売れっ子でも若手なら、顔を知らない人に対しても、現場ですれ違えば『おはようございます』『お疲れ様でした』と頭を下げるのが芸能界の慣習。
彼女はそれをしないばかりが、ツンとしているから、天狗になっている、と思われがちなんです」
(引用元:アサヒ芸能)

前にも触れたことがありますが、今年の夏に放送された『24時間テレビ』の控え室での長澤まさみの「傲慢ぶり」は今でも語り草になっているとか。

そのとき、控え室には総合司会の徳光和夫(65)、ゲスト出演者の堺正章(60)ら、芸能界の大御所がいたらしいのですが、日テレ関係者の証言によると……

「ところが長澤は、入ってくるなり、彼らに挨拶するわけでもなく、第一声で『寒いわよ。エアコン切ってよ』とマネジャーに指示を出したんです。
彼女は寒がりだったのかもしれませんが、部屋はさほど冷えていなかったし、出入りしているスタッフは、働きどおしで汗だくだった。
あまりにも身勝手な言動に周囲はアキレたんです。マネジャーに個室を要求したとまで聞いた」
(同)

また同芸能担当記者はこう語っています。
「11月27日に開かれた『ヴォーグ・ニッポン・ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006』の授賞式でのこと。
同じく受賞した、沢尻エリカ(20)がインタビューを受けている際、長澤は後方からガンを飛ばすように彼女をニラみつけていた。
同年代の人気女優だけにライバル関係にあることは周知でしたが、こうまで根がが深いとは…」
(同)

(情報元:アサヒ芸能)

すごく個人的な印象だと長澤=清純派という売り方にいまいちしっくりこなかったというか…結構気性が荒そうな印象があったので最近の記事は「やっぱりなー」という感じで見ているのですが世間的にはどうなのでしょう???

最近は、沢尻や長澤を初め、上野樹里、宮崎あおい、蒼井優、香椎由宇など主演を張れる若手女優が豊作です。

そんな中生き残っていくには、それなりに気が強くなくてはやっていけないのかもしれないですね。
[PR]

by ronoba | 2006-12-12 13:55 | 芸能

大物の予感…香椎由宇とは?

長澤まさみ、沢尻エリカ、上野樹里――。

芸能界で若手女優の台頭が著しいが、来年の今ごろは、この人が頭ひとつリードするのではないか

話題の映画「デスノート」や「ユメ十夜」、芸術祭参加ドラマ「熟年結婚」などに引っ張りだこ。

さらに、毎回高視聴率が約束されているフジテレビの「月9」ドラマのヒロインに抜擢されたのだ。

「注目の“月9”はベストセラーになった例の『東京タワー』の連ドラ版です。

つい先日、スペシャル版が放送されて、主役・大泉洋の熱演が好評だった。連ドラ版では若手ナンバーワンの速水もこみちの主役が決まっている。

相手役は難航したが、ようやく決まったのが香椎だったのです」
(制作関係者)

つい最近でいえば、伊東美咲、天海祐希、竹内結子などが同枠のヒロインを演じている。

実際に抜擢されれば、香椎も同列に並ぶということだ。

87年、神奈川県生まれ。祖父が米国人の元新聞記者で、本人はクオーターだそうだ。

子供の頃、父の仕事でシンガポールに移住し、中1で帰国した。父親の知人の紹介で芸能界入り。

香椎を語る場合「左右対称」のキーワードは外せない。

100万人に1人といわれる左右対称の輪郭で、ドイツの医者が標本を作りたがったほど、パーフェクトな噛み合わせの歯の持ち主なのだそうだ。

「これまで、俳優・オダギリジョーとの“熱愛”を女性誌に報じられたことがあります。共演した映画『パビリオン山椒魚』で知り合い、撮影が終わって以降、オダギリのマンションの近くにある焼き鳥店で一緒に食事している姿や、ドライブデートが目撃されている」
(芸能記者)

さて、注目の「月9」だが、こんな声もある。

「当初、ヒロインに予定されていたのは竹内結子だったそうです。が、例の離婚のゴタゴタで出演キャンセルとなった。慌てたスタッフが主役クラスの女優に打診したが、大所はすでにスケジュールが決まっていて、香椎に大役が回ってきたらしい」
(前出関係者)

もっとも、女優としての存在感は折り紙つき。

本紙の連載辛口コラム「TV見たまま思ったまま」で、「香椎由宇は端正な顔立ちで冷たい感じがいい。大物女優になりそうな雰囲気がある」とベタ褒めされている。

「竹内の代役」はそのまま、今後の芸能界でのポジションを暗示している。

(引用:日刊ゲンダイ)


海外では『骨が綺麗』というのは褒め言葉らしいが、香椎を見ていると「骨って大切なんだな~」と思います。

今の若手女優の中でナンバーワンといってもいいほどの端正な顔立ち。冷たそうで、でもどこか寂しそうな雰囲気。

これだけ美形で存在感があれば、今後も女優としても需要は増えていくのでは?

演技はまだまだ発展途上だと思うが今後が楽しみな女優さんですね。
[PR]

by ronoba | 2006-12-11 10:40 | 芸能

釈由美子“危険な恋”の傷、まだ癒えず…

女優の釈由美子(28)が4日、都内で行われた映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のDVD発売記念イベントに出席した。

今年7月にウエディング関連企業「テイクアンドギヴ・ニーズ」の野尻佳孝社長(34)とわずか1カ月で破局したことについて触れ、「危険な香りがする人は怖い。誠実で信用できる人がいい」と話した。

釈は報道陣から「7月に終わった恋は吹っ切れた?」と聞かれ、「そうですね」とニッコリ。

しかし、思いのほか大きな“痛手”を負ったようで「慎重に生きていきたい」を連発。

新たな恋についても「もう怖くて…。しばらくはできないと思う」とすっかり憶病になっている様子だ。

野尻氏とは6月から交際を始め、7月11日にそろってインドネシア・バリ島旅行に出発。

婚前旅行とみられたが別々に帰国し、同20日に釈が自身の公式ホームページ(HP)で「もう難しい」と破局を明らかにした。

野尻氏に対して不信感を募らせ、帰国後に別れを切り出したという。

野尻氏は“ヒルズ族”を代表する若手実業家。釈と交際する前は、テレビ朝日の武内絵美アナウンサー(30)やタレントとの熱愛が報じられた“ヤリ手”だ。

釈は好きな男性のタイプについて「誠実で信用できる人。チョイワルとか危険な香りがする人は怖い」ときっぱり。

映画にはジョニー・デップ(43)とオーランド・ブルーム(29)のイケメン俳優2人が登場するが、「デップの役はしたたかで危険な感じ。オーランドのほうが誠実で愛に生きているところが格好いい」と話した。

(引用:スポーツニッポン)


う~ん…まだ釈さんの傷は癒えていないんでしょうか…
ただ、あまりにも野尻ネタを続けるのもどうなのか…少々ひっぱりすぎな感じがします。
このままでは、きつい言い方をすれば幸薄な辛気臭い印象が付いてしまうのでは…と…。
何時までも過去に縛られている姿よりもふっきって前向きになった姿を見たいと思います。
[PR]

by ronoba | 2006-12-05 10:42 | 芸能

伊東美咲が激怒!「日経激写」事件の真相は!?

伊東美咲にとんでもない事件に巻き込まれたようです。

11月11日、名古屋での映画プロモーションを兼ねた伊東のテレビ出演時に、日経カメラマンによる「激写騒動」があい、伊東サイドと日経がそのことで対立しているという。


業界関係者の話。
「テレビ愛知のスタジオに向かうため、エレベーターから現れた伊東を、居合わせた日経のカメラマンが、突然デジタルカメラで撮影したのです。
本番前で気持ちを集中していた伊東は神経をかき乱されたでしょう。事前の取材予告もなかったため、事の成り行きい怒った伊東側の関係者が日経に謝罪と写真データの消去を要求し、一時は緊迫した状態になりました」
(引用元:サンデー毎日)

その場で抗議を受けた日経幹部は「写真を撮らせるつもりはなかった。(伊東さんに)不快な思いをさせた」などと弁明。

しかし、しばらくして、日経幹部が「社の見解」なるものを伝えてきたことで問題は複雑に。

その見解とは以下のとおり。
「カメラマンはいつでも写真を撮れるようにカメラを持っている。たまたま伊東さんが現れたので反射的に写真を撮った。
正当な取材活動の一環。データ消去は、取材活動に対する妨害行為で受け入れられない」
(同)

さらに強気の追加事項も。
「撮影は日経の敷地内。不法侵入したわけでない」(同)

これに対し、伊東サイドは「なんで素直に謝れないのか。あまりに馬鹿馬鹿しい」と呆れかえったとか。

敷地内という意味は、テレビ愛知、テレビ東京などは、日経の系列局。
スタジオも日経の名古屋支社内ビル内にあるからです。



この騒動について、芸能評論家は以下のようにコメント。

「事前通告もなく、唐突に本番直前にタレントを撮影するのは業界ではルール違反。逃げ回る相手への突撃取材というわけでもなさそう。
いわば『カメラ小僧』と同じ次元で、『報道の自由』とは別問題では」
(同)

「サンデー毎日」が日経社長室に聞いたところ、
「写真撮影は事実ですが、通常の取材活動の一環だと考えています」としながらも「紙面には掲載していません」とコメント。




何事にもルールはありますからね…これは伊東美咲が気の毒な気がします…。


(情報元:サンデー毎日)
[PR]

by ronoba | 2006-12-04 11:14 | 芸能

深田恭子 フカキョンじゃなくて、デブキョン?!

11月20日に行われた「ネイルクイーン2006」で女優部門賞を獲得した深田恭子(24)。

だが、会場の視線が集まったのは、深田の"ネイル"ではなく、まるまると妊婦のように太った体型。

授賞式ではゆったりめのドレスを着ていたが、お腹が出ていることは一目瞭然で、二の腕はタプタプ。

まるで、中年のような体系に「太りすぎ」「妊娠してるの?」との声が各所からあがり、訪れたファンはみなビックリ仰天だったという。

かつて"デブキョン"と呼ばれた時期があったが、現在はその時よりさらに悪化しているとの声も。

原因は以前から問題視されていた彼女の食生活にある。


(以下引用)
昼間にとんこつラーメンを2人前食べる。スタジオではいつもお菓子袋を持っているなど、とても人気タレントとは思えない食欲。

「前はマネージャーに注意されて、1回に大量に食べるのを止めさせられたことがある。それで多少スリムになったのですが…。

1日に何回も食べるらしいんですよ。一説には6回食事をするとか。あの太り方を見ると、あながちウソとは思えない」

[引用元:週刊実話 ]


フカキョンは太っていようと痩せていようとかわいいのでいいと思いますが、普通体系が一番いいかもしれないですね。

ほかのアイドルのようにほそ~くねってしまっては物足りないというかつまらない感じもするし、かといって今のようにぽちゃっとしているとバッシングもある。

元々骨太だと思うので痩せすぎたら肩幅も目立ちそうだし…

細い芸能人ばかりなんだから、フカキョンみたいな子がいてもいいと思うんですけど…世間的にはなしなのかな…?
[PR]

by ronoba | 2006-12-01 11:49 | 芸能